防水工事依頼・防水工事求人募集中 神戸小川工業|コラム

コラム

  • トップページ
  • >
  • 雨漏りを放置するとこうなる!雨漏りの原因と対処法

雨漏りを放置するとこうなる!雨漏りの原因と対処法

室内で雨漏りを見つけても、「修繕費用が高い」「依頼するのが面倒だな…」という理由で放置してしまうと、後に大きなトラブルになりかねません。そこで、雨漏りを放置するとどうなるのか、また雨漏りの原因と対処法についてご紹介します。

雨漏りを放置すると…

雨漏りを放置すると…

新築時にはなかった建物の不具合も、築年数が経過すると次第に様々な箇所で発生します。

その一つに雨漏りがあります。天井からポタポタと雨水が落ちてくると雨漏りの一次被害、天井にうっすらとシミができると雨漏りの二次被害が起こっている状態です。

そのまま放置しておくと、下記のような影響があります。

  • 柱や梁が腐食して建物の構造体に影響がでる
  • カビが発生して人体へ影響がでる
  • シロアリなどの害虫が発生する
  • 漏電や火災が起こることもある

このように、建物の外観だけでなく構造体への影響、人体への被害、最悪の場合漏電から火災が発生することも考えられるのです。雨漏りを見つけたら、すぐに信頼できる業者に雨漏り修理、防水施工を行ってもらいましょう。

雨漏りの原因

雨漏りの原因

そもそもなぜ雨漏りは起こるのか…、原因として考えられるのは以下のようなことです。

  • 屋上防水の劣化
  • 瓦やコロニアルの下に敷いてある防水シートの老朽化
  • 新築時の施工不良
  • 屋根の塗装・コーキング剥がれ
  • 2階ベランダの防水劣化・施工不良
  • 屋根のトップライト、その周辺の防水処理の不良
  • 雨どいの詰まり
  • 窓サッシのパッキンの劣化・老朽化
  • 屋根材が突風で飛ばされた
  • 太陽光発電、温水器などの設置・施工不良

雨漏りの対処法

雨漏りの対処法としては、定期的なメンテナンスや点検が重要になってきます。以下の点に注意し、定期的にチェックしてみましょう。

  • バルコニー・ベランダ・屋上・外壁などに亀裂、チョーキング、カビ、藻などが発生していないか
  • 雨どいが詰まっていないか、壊れていないか
  • 塗装の剥がれや劣化、色褪せなどがないか
  • 湿気やハウスダストによる健康被害がでていないか
  • 室内・室外で害虫が多く発生していないか

雨漏り被害を防ぐには日々のメンテナンス、早めの対処が必要です。神戸で雨漏り修理を依頼する際は、神戸市の小川工業までご連絡ください。神戸のマンションやビルなど、あらゆる建物の雨漏り修理・防水工事のご依頼を承ります。

雨漏りについて

防水工事について

ウレタン防水工事について

FRP防水工事について

神戸で雨漏り修理のご依頼なら小川工業へ

会社名 株式会社 小川工業
創業 平成18年 4月1日
代表取締役 小川喜也
住所 〒651-2113 兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬119−16
TEL 078-977-0806
FAX 078-977-0807
MOBILE 090-6670-5221
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜・祝日
事業内容 マンション・ビル等の大規模改修工事から個人邸宅の総合防水工事
建設業許可番号 兵庫県知事許可(般-28) 117105号
所属団体 トーヨー防水工業会 関西エコ・ウレックス工業会
URL http://www.ogawakougyou.net

infobar

株式会社 小川工業
〒651-2113
兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬119-16

雨漏りでお悩みの方は神戸市の小川工業にお任せ下さい。一軒家からマンションまで幅広く対応しております。現在規模拡大に向けて、防水工事求人も募集中です。

  • 078-977-0806
  • mail form

pagetop

ページの先頭へ

MENU