防水工事依頼・防水工事求人募集中 神戸小川工業|コラム

コラム

  • トップページ
  • >
  • 防水工事とは?工事の必要性・必要箇所・判断のポイントを解説!

防水工事とは?工事の必要性・必要箇所・判断のポイントを解説!

住まいの快適さを保つ工事の一つに、防水工事があります。どのような工事かいまいちイメージがつかない方もいらっしゃると思うので、防水工事の概要と必要性、必要な箇所と必要かどうかを判断するチェックポイントをお伝えします。

防水工事とは

防水工事は、雨、雪、水、紫外線などから建物や構造物を守り、長期的に保護する目的があります。工事に使用する防水材には様々な種類があり、耐久性能は10年~15年程度のものが多いです。工法や材質によっては、20年以上もつものもあります。

防水工事の必要性

防水工事を怠ると、建物内部に水分が入り込み構造体の劣化を早めてしまいます。浸水によりカビやシロアリ、藻やコケが発生することもあり、建物だけでなく人体にも大きなダメージを及ぼしかねないです。

そうした状態を長期間放置すると建物の寿命を縮めてしまうため、外的刺激から住まいを守り快適さを保つためにも、防水工事は必要です。

防水工事が必要な箇所

防水工事が必要な箇所

防水工事が必要な箇所には以下が挙げられます。

  • 屋上
  • ベランダ
  • バルコニー
  • 外壁
  • 屋根

この中でも比較的目につきにくい屋上や屋根は、紫外線や暴風雨、直射日光などを毎日受けていることから、劣化が進行している可能性があります。どこか1箇所でもひび割れや傷が発生していると劣化が進み、建物内部への浸水につながるため、定期的にチェックが必要です。

こんな場合は防水工事が必要!

こんな場合は防水工事が必要!

防水工事の必要性は十分ご理解いただけましたでしょうか?
では実際にどのような場合に防水工事が必要になるのか、下記のチェックポイントをご確認ください。

  • 新築時から10~15年経過している、または前回の防水工事から15年以上経過している
  • 建物内の所々で雨漏りが確認できる
  • 湿度の上昇が感じられる
  • 屋上の防水シートに剥がれがある
  • 屋上や外壁の塗料に剥がれや亀裂がある
  • 屋上に雑草が生えている
  • 外壁にカビや藻が付着している

住まいの防水工事が必要でしたら、神戸市を中心にご依頼をお受けしている小川工業にお任せください。神戸市を拠点に北は三田市、東は尼崎市、西は姫路市の、防水工事・雨漏り修理に対応しています。神戸市や周辺地域で防水工事をお考えの方や防水診断をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

雨漏りについて

防水工事について

ウレタン防水工事について

FRP防水工事について

神戸で防水工事を依頼するなら小川工業へ

会社名 株式会社 小川工業
創業 平成18年 4月1日
代表取締役 小川喜也
住所 〒651-2113 兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬119−16
TEL 078-977-0806
FAX 078-977-0807
MOBILE 090-6670-5221
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜・祝日
事業内容 マンション・ビル等の大規模改修工事から個人邸宅の総合防水工事
建設業許可番号 兵庫県知事許可(般-28) 117105号
所属団体 トーヨー防水工業会 関西エコ・ウレックス工業会
URL http://www.ogawakougyou.net

infobar

株式会社 小川工業
〒651-2113
兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬119-16

雨漏りでお悩みの方は神戸市の小川工業にお任せ下さい。一軒家からマンションまで幅広く対応しております。現在規模拡大に向けて、防水工事求人も募集中です。

  • 078-977-0806
  • mail form

pagetop

ページの先頭へ

MENU