防水工事依頼・防水工事求人募集中 神戸小川工業|業務案内

業務案内

ウレタン塗膜防水

  • ウレタン塗膜防水

ウレタン塗膜防水とは、一言でいうと塗るだけで防水層を形成する材料を使用する防水材になります。
ウレタン防水の特徴は、下地の形状に馴染みやすい・塗膜防水なので水密性が高いく施工場所が複雑な場所でも施工が可能です。

デメリットとしては、塗膜の均一性が低いです。 しかし定期的にトップコートの塗替えなどにより紫外線による劣化を防ぐことができます。
高耐久性や遮熱効果のあるトップコートもあります。

塩ビシート防水

  • 塩ビシート防水

塩ビシート防水とは、塩化ビニル樹脂で作られた防水シートを接着剤による接着工法・ディスクや塩ビ被覆された鋼板による機械固定工法があります。
塩ビシート防水の特徴は、接着工法は接着剤で貼るだけの施工性・機械固定工法は雨天の後の下地が湿気ていても施工が出来る事や旧防水層の撤去・下地処理にかかるコストを大幅に軽減できます。

デメリットとしては、塩ビシートは元々固い素材で柔らかくする為に(可塑剤)が添加されています。それが気化してしてしまうと当然シートが固くなってしまいシートの破断してしまいます。
気化を防ぐ為には塩ビシート用のトップコートを定期的に塗ることで塩ビシートの耐久年数を伸ばす事が出来ます。

ゴムシート防水

  • ゴムシート防水

ゴムシート防水とは、シート状に成形された合成ゴム系の防水シートでシートそのものは安定した分子構造を持ち、ゴムの為伸縮性に優れています。
長所としては、材質が合成ゴムなので伸縮性に優れている為、下地の亀裂にも柔軟に追従する事です。温度による物性変化が少ない為、施工地域の制約も少なく耐用年数も長いです
短所は接着工法の場合下地の平滑が必要があり複雑な形状に採用されにくい工法です。 シート同士を貼り合わせるので接着剤の性能がそのまま防水性能となる傾向があり接着剤の耐用年数が問題になります。

FRP防水

  • FRP防水

FRP防水とは、強度が強く耐久性に優れたFRP(ガラス繊維プラスチック)を応用しFRP被膜を防水層に形成する防水工法です。 その防水層はへ計量かつ強靭・耐水・耐食・耐候性に優れているのが特徴です。
長所としては、ガラス繊維で補強されているので計量で強靭な耐久性に優れており、重歩行も可能です。 また硬化速度が速い為、施工が短期間で完了します。
短所はプラスチックならではの欠点とされている紫外線を長期間当ると劣化しやすい・伸縮しにくいので地震など建物が揺れた場合、ひび割れの危険性がある。
また施工の際、化学物質に発生による臭気対策が懸念されます。
紫外線による劣化を防ぐ為、定期的な保護塗料の塗替えが推奨されます。

mail form

infobar

株式会社 小川工業
〒651-2113
兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬119-16

雨漏りでお悩みの方は神戸市の小川工業にお任せ下さい。一軒家からマンションまで幅広く対応しております。現在規模拡大に向けて、防水工事求人も募集中です。

  • 078-977-0806
  • mail form

pagetop

ページの先頭へ

MENU